ひっつみ汁

ひっつみ汁

北国のあったか郷土料理

「手で引きちぎる」ことを示す方言「ひっつむ」から名付けられた、岩手~青森南部に伝わる伝統コムギ料理「ひっつみ」。地域によっては「とってなげ」とも呼ばれ、その名の通り、生地をひっつまんでは鍋に入れて、季節の旬菜と出汁で煮込んでいただきます。

材料 (4人分)

生地
  • 薄力粉 50g
  • 強力粉 50g
  • ぬるま湯 50ml
  • 大根 5cm
  • 人参 5cm
  • ごぼう 20cm
  • 白菜 2枚
  • しいたけ 50g
  • 鶏もも肉 1枚
  • 鰹昆布だし 1リットル
  • 塩 適量
  • 薄口しょうゆ 少々
  • 柚子皮 適量

ポイント

生地は耳たぶより少し硬めのイメージです。手を濡らして“ひっつむ”と、生地がつきづらくやりやすいです。

  1. 薄力粉と強力粉をボウルに入れ混ぜ合わせ、ぬるま湯を加え箸などで混ぜ合わせる。

  2. ぬるま湯が粉になじんだら手で生地をひとまとめにし、まな板に移してなめらかになるまでこねる。

  3. ボウルにいれ30分以上休める。

  4. 大根、人参は、5㎜幅のいちょう切り、ごぼうはささがきにして水にさらす。白菜は一口大に切る。しいたけは5㎜スライス。鶏もも肉は2㎝大に切って霜降りをしておく。

  5. 鍋にだしと大根、人参、ごぼうを入れ火にかけ、沸いたら弱火で10分程煮る。
    さらに白菜としいたけ、鶏もも肉を加え15分程煮る。

  6. ⑤に塩と薄口しょうゆ少々を加えて味をととのえる。

  7. ③の生地を濡らした手でひっぱりながら、薄めの一口大にちぎって熱湯に入れる。浮いてきたら冷水に取り、冷えたら水気を切る。

  8. ⑥の鍋に⑦のひっつみを加え温めたら、器に盛り柚子皮をふる。