#糖質選択でコムギビューティー

#糖質選択でコムギビューティー

コムギ食をうまく取り入れて、めざすはヘルシービューティー!これからは、“糖質選択”という考え方。

イマドキ女子の赤裸々アンケート調査の結果から見えてきたもの

いくつになっても、女性にとってダイエットは尽きないお悩みですよね。
コムギケーション俱楽部が20~40代の女性618名を対象に行った【ダイエットと糖質制限に関する消費者調査】でも、82.7%の女性が「ダイエットをしたことがある」という結果が判明しました。
そして、いま流行りの「糖質制限ダイエット」も84.3%の女性が「知っている」、 35.9%が「実践したことがある」ということでした。「糖質制限ダイエット」は短期間で体重が減りやすいため、もっともっと体重を落としたい!と、過激にハマってしまう方も多いようです。

でも、誤った糖質制限ダイエットにのめり込んでしまうと危険なリスクを伴うこと、ご存知ですか?

大切なのは、糖質は適量に抑えること、そしてバランスよく栄養を摂ること。
コムギケーション俱楽部では、コムギ食を取り入れながら食事を楽しく、おいしく、適量を食べる「糖質選択」をおすすめします!

    知ってる?コムギの栄養学

  • コムギの栄養素というと炭水化物のイメージが強いかもしれませんね。
    ところが実は豊富な食物繊維とタンパク質をはじめ、
    バラエティ豊かなビタミン&ミネラルが含まれているんです。

    食物繊維

    日本人は昔からカラダに必要な食物繊維の多くを穀物から摂ってきました。さまざまな料理として多量に食べられるコムギはいわば“穀物の王様”です!食物繊維は、カラダの中で次のパワーを発揮します。

    • 【お通じ改善】

      腸を元気にするオリゴ糖の働きでお通じがNiceに!
    • 【ミネラル吸収の促進】

      ミネラルが溶けやすくなり、カラダへの吸収Goodに!
    • 【病原菌をバリア】

      腸壁細胞の機能が向上し、免疫力がUP!
    植物性タンパク質

    タンパク質は血液や筋肉をつくる上でとても大切な栄養素です。日本人の場合は欧米ほどお肉を食べないので、穀物を食べることでタンパク質を補ってきた歴史があります。しかも動物性タンパク質にくらべて植物性タンパク質はカラダにやさしいこともポイント。発がん性が少なく、脂が少ないので動脈硬化にもなりにくいことが研究でわかっています。

    ビタミン&ミネラル

    コムギにはB1、B2 、E、パントテン酸、ナイアシンなどのビタミン、リン、カルシウム、鉄、カリウム、ナトリウム、マグネシウムといったミネラル類など栄養的に大切な成分が含まれています。ただしコムギだけでは必要な量はカバーできないので、野菜やフルーツなどと組み合わせてバランスよく食べてくださいね。

  • 下方教授に聞く!正しい糖質選択

  • 医学博士 下方 浩史 教授
    1977年名古屋大学医学部卒業、医師免許取得。専門は老年医学、栄養疫学、予防医学。2014年から名古屋学芸大学健康・栄養研究所長。

    正しい“糖質選択”の実践法。

    日本人女性に必要な1日のカロリー量は1800kcal。1食あたりに換算すると600k calになります。 そのうち半分ぐらいを炭水化物から摂るのが理想的ですね。グラムに換算すると75g、食パンで2枚弱、うどんで1杯ぐらいです。3食の炭水化物摂取量は以下を参考にしてみてくださいね。

    判明!炭水化物を摂らない人は、
    多く摂った人より死亡リスクが高まるという研究。

    2018年8月に発表されたアメリカの論文によると、『炭水化物を摂らない人は、多く摂った人より死亡リスクが高まる』ことが判明しました。この研究は、25年間にわたって15,400人の被験者が摂った食事と飲みものを分析したものです。 エネルギーの50~55%を炭水化物から摂っている人が最も死亡リスクが低く、これは日本人の平均的な炭水化物摂取率に近い数値です。だから日本人は健康寿命も平均寿命も世界一なんですね。

    本当は怖い?!“糖質制限”の話。

    日本の女性は先進国の中でも最もやせていて、本来であれば必要ない方まで過激なダイエットをしている場合がよく見られます。実はダイエットは誤ったやり方で行ってしまうと、健康な身体を壊してしまう、危険なリスクが潜んでいるんです。中でも最近流行している「糖質制限ダイエット」には、以下のような危険があります。

  • 池さんの糖質選択
    (料理家・フードスタイリスト)

  • 池 ももこ
    料理家・フードスタイリスト。Instagramで料理と美容について発信。お米も炊けなかった料理オンチからプロ料理家に転身したダイエッター。マイナス15キロのダイエットに成功。独学の料理研究から料理教室を立ち上げる。全国的にレッスンを行い、メデイアやセミナーへと活動の場を広げている。健康的に美しくありたい女性の支援活動に従事する。

    @i.momoko

    教えて、池さん!食べてやせるって、どういうこと?

    料理家/フードスタイリストになる以前はアパレルでPRのお仕事をしていたんですが、激務のストレスで暴飲暴食をしてしまい、どんどん太っていきました。食べるのが大好きなので昼夜を問わずパスタ、ピザ、お肉、のドカ食い。甘いものも大好きなのでケーキはホール、ロールケーキは1本というぐらいに(笑)
    そんな乱れた食生活の影響でカラダを壊してしまったんです。「これはダメだ、なんとかしなきゃ!」と思っている時に出会ったのが酵素栄養学の世界でした。食材にはその食材それぞれにカラダに働きかけるパワーがあって、その栄養素をバランスよく組み合わせることによってカラダが一番よろこぶ状態をつくりだす、という考えです。

    ダイエットというと運動をしたり体重をただ減らすというイメージが強いかと思いますが、そもそもはギリシャ語で「生活様式」という意味なんです。だからダイエットするということは“きちんとした食生活に戻す”ということ。バランスのよい食生活をすることで70kgまで太っていたカラダも-15kgまで落ちて、お肌や髪質まで、カラダの隅々まで元気になったんです。
    ダイエットに取り組むみなさん、食べることを怖がらないでください。食事は選び方さえ間違わなければ大丈夫。 “糖質選択”をしながら食べたいものをガマンしないで食べて、健康的にきれいになりましょう。

    栄養の黄金バランスをつくりだす、コムギは最強の食材。

    野菜や木の実を練り込んだパンや、ハムやチーズをたっぷり乗せたピザ、具材いっぱいパスタなど、コムギはいろんな食材と組み合わせられますよね。私は揚げ物が大好きなんですけど、串カツは衣が具材をおいしくしてくれています。コムギはほかの食材のよさを存分に引き出してくれる起爆剤。コムギを主軸にするといろんな栄養をバランスよく食べられる、頼もしい食材です。

    糖質制限を実践してみて気づいたこと。
    大切なのは 、数字よりも“見た目体重”。

    ダイエットで注目されがちなのが体重ですが、ここには危険な罠が潜んでいます。実は私も糖質・脂質をカットする食事制限にトライしてみたことがあるんです。確かに1カ月で3kgぐらい体重が落ちたんですが、ここに罠が。炭水化物には食物繊維と糖質、そして水分が多量に含まれているので、その水分が抜けただけなんですよね。カラダが脱水状態になっているだけで「痩せた!」と勘違いしてしまいがち。血流も悪くなるせいか美白じゃなくてやや青白い顔になるし、エネルギーが出なくて歩くのもおっくうになり、1カ月半ぐらいでギリギリの状態になってしまいました。また、脂質カットのためにお肉を食べないとお肌も髪もバサバサになったり便通も悪くなってしまったり。そんな自分って魅力的じゃないな、と実感しました。どうしても「体重を減らす」ということにこだわらないで、自分の状態がすこやかでいられる“見た目体重”を意識して、栄養をバランスよく摂りながらヘルシービューティーをめざしましょう。

    池ももこさんのワークアウト法

    普段の生活の中で鍛える工夫をしています。歩くのが大好きなので2駅ぐらい歩いたり、エスカレーターは使わず階段を昇り降りしたり。また、肩甲骨を動かさないと一気に太りやすく老け込みがちになるので、仕事がら食材や食器を運ぶときは肩甲骨を動かすように持ちます。デスクワークの時は内転筋を鍛えるグッズを使ったり、おなかに力を入れるように座ったり。姿勢を意識するのは大事ですね。

  • 赤埴さんの糖質選択
    (ヘルシー・ビューティーフードアドバイザー )

  • 赤埴 奈津子
    Instagramを通じて自らのライフスタイルを発信するインスタグラマー。フランス留学を経て、ヘルシー&ビューティーフードアドバイザーとして朝食ワークショップ「Good Morning Japan」を主催。「充実した1日はちょっと素敵な朝ごはんから。」をテーマとして数々のメディアに出演し、注目を集めている。イラストレーターとして多数のブランドロゴのデザインを手がける一面も。

    @natsukoakahani

    朝ごはんを楽しむワークショップ
    「Good Morning Japan」について教えてください。

    「Good Morning Japan」は「充実した1日はちょっと素敵な朝ごはんから。」をテーマに、参加者のみなさんと一緒に朝ごはんをつくって食べるワークショップです。女の子っておしゃべり大好きだから、ランチ会や女子会で集まると2~3時間あっという間に過ぎちゃいますよね。気づくと1日がほぼ終わっているという(笑)でも朝ごはんだったら午前中に解散できるから、その後いろんな活動ができる。参加者のみなさんも「この後ヨガに行きます!」とか「友人と遊びに行くわ」と、とてもアクティブです!

    ワークショップではどんな朝ごはんをつくっているんですか?

    そのときどきの旬な食材を取り入れながら、季節に合わせたテーマを設定してメニューを考えています。たとえば8月は夏野菜を使った元気に毎日を過ごせる和食レッスンだとか、12月はカラダを芯から温めてくれる食材を使った温活メニューなど。ガッツリ食べる、というよりはちょっとずついいものを食べるという感じで、カラダを元気にしてくれる栄養素をバランスよく取り入れています。

    朝ごはんのよさってなんだと思いますか?

    まず頭がはっきりして、パワーが出ますよね!そうそう、以前は1カ月に1回ぐらいは風邪をひいていたんですが、最近ひかなくなりました。朝ごはんのおかげかな?あと、野菜たっぷりの彩りいい料理を見ると、テンションも上がります。手の込んだ朝ごはんを時間をかけて食べると、それだけで充実した時間を過ごしている気持ちになって、いい1日のスタートが切れます。

    簡単イチオシ!コムギな朝ごはん

    旬の食材を使ったオープンサンドがおすすめです。たとえば季節のフルーツと、モッツアレラチーズに、生ハム。のせるだけで火を使わずにできるからとってもラクですよ。冷凍のパイシートをストックしておくのも◎。冷蔵庫のちょっと余った食材を包んで焼き上げると特製パイのできあがり。人生で朝ごはんを食べる回数は30,000回と言われているそうです。そう考えると、食べない日がもったいない!(笑)簡単レシピをマスターしておいしく朝ごはんを食べてくださいね。

  • コムギ食でBeuaty Partyレシピ

  • 魚介のトマトパスタ
    ・パスタ     200g
    ・トマトダイス缶 200g
    ・玉ねぎ     1/3個
    ・ムール貝    250g
    ・牡蠣      100g
    ・白身魚切り身  100g
    ・にんにく    1片
    ・白ワイン    50ml
    ・オリーブオイル 大さじ2
    ・塩       適量

    小鍋にみじん切りにした玉ねぎとオリーブオイル大さじ1を入れ、中火弱にかける。
    甘みが出てきたらトマト缶を加え、弱火で蓋をして15分ほど煮る。

    白身魚を2cm大に切り、塩ひとつまみをもみ込んでおく。

    フライパンにオリーブオイル大さじ1とつぶしたにんにくを入れて火にかけ、白身魚を加えて炒める。

    さらに牡蠣とムール貝を加えて炒めあわせたら、白ワインを加えて強火で2~3分ムール貝の口が開くまで煮る。

    4に1のトマトソースを加え、2~3分煮て塩味をととのえる。
    塩を入れた熱湯でパスタを茹で、5 のフライパンでまぜ合わせる。
    お皿に盛り、お好みでイタリアンパセリのみじん切りをかける。

    クレープのサラダ巻き
    A ・薄力粉  80g
    ・強力粉  20g
    ・砂糖   大さじ1/2
    ・塩    少々
    ・牛乳  130ml
    ・水  100ml
    ・卵  1個
    ・溶かしバター 15g
    具材 ・野菜・生ハム・フルーツ・チーズ など

    ボウルにAを入れて混ぜる。

    1に牛乳、水、溶き卵、溶かしバターの順に、加える都度に泡立器で混ぜて2~3時間おく。

    フライパンに油をひき、2の生地をお玉1杯分流し入れてフライパンを回しながら円形に薄く伸ばして中火で焼く。片面に焼き色がついたらひっくり返してさっと焼く。

    3のクレープにお好みの具材を巻いて食べる。

    りんごのクランブルマフィン
    ・りんご 1個
    A ・砂糖   大さじ1/2
    ・レモン汁 大さじ1/2
    ・ワイン  大さじ2
    ・水    大さじ1
    ・カルダモンシード 2個
    ・シナモンスティック 1本
    B ・薄力粉 40g
    ・バター 20g
    ・塩  1g
    C ・砂糖  18g
    ・アーモンドクランチ 10g
    D ・卵  2個
    ・砂糖 80g
    ・ヨーグルト 50g
    ・太白ごま油か米油 100g
    E ・薄力粉 100g
    ・ベーキングパウダー 小さじ1

    ボウルにAを入れて混ぜる。

    1に牛乳、水、溶き卵、溶かしバターの順に、加える都度に泡立器で混ぜて2~3時間おく。

    フライパンに油をひき、2の生地をお玉1杯分流し入れてフライパンを回しながら円形に薄く伸ばして中火で焼く。片面に焼き色がついたらひっくり返してさっと焼く。

    3のクレープにお好みの具材を巻いて食べる。

「ダイエットと糖質制限に関する調査の概要」WEBアンケート結果公開!

ダイエットと糖質制限に関する調査の概要

調査地域:首都圏
調査方法: マクロミル社調査モニターによるインターネット調査
調査対象: 下方教授からの示唆と国の世論調査での定義を参考にヤング層を15歳~44歳女性層と広くとらえ、下記の年層別に設定した

●15歳~19歳女性 103名
●20歳~24歳女性 103名
●25歳~29歳女性 103名
●30歳~34歳女性 103名
●35歳~39歳女性 103名
●40歳~44歳女性 103名
合計618名
調査実施期間: 2018年7月13日~7月20日
調査実施機関: 企画・分析 コムギケーション倶楽部
実査・集計 東京サーベイリサーチ
ダイエットについての調査結果
ダイエットに関する調査 ダイエットに関する調査
糖質制限についての調査結果
糖質制限に関する調査 糖質制限に関する調査