TOP  >  日本全国・小麦料理味くらべ!  >  「広島お好み焼きバーガー」vs「佐世保バーガー」

第6回日本全国・小麦料理味くらべ!

2012年5月13日(日)さぬきうどんVS広島お好み焼きパン @坂出駅北口 市民広場

 

今回の味くらべは、始まって以来初めての“ハンバーガー対決”が実現!広島が誇る郷土小麦料理お好み焼きをパンで挟む、小麦オン小麦!という究極の小麦料理「広島お好み焼きバーガー」が迎え撃つは、ハンバーガーの中でも特に全国にその名を轟かせている「佐世保バーガー」です。

広島と言えば有名な小麦料理「広島お好み焼き」を、パン屋さんがアレンジすると!? 「広島県のパン屋を元気にしたい」という思いから2010年9月に集結した「ひろしまパン倶楽部」は、広島県でパンの製造販売を行う5店舗のパン屋さんで結成されたグループです。そして「広島お好み焼きパン」は、広島県を盛り上げていくべく、地元で採れた素材を活かして開発されました。パスタに使われるデュラム小麦を使った生地に広島倉橋町の名産「お宝トマト」を練り込み、ふっくら焼き上げたバンズ。そのバンズでアツアツの広島お好み焼きを挟んだら、「広島お好み焼きパン」の完成です!

●広島パン倶楽部ブログ
http://painclub.exblog.jp/

長崎県佐世保市はなんと、ハンバーガー伝来の地。佐世保にアメリカ文化「ハンバーガー」がやってきたのは、昭和25年頃のことで、当時アメリカ海軍から直接レシピを聞いて作り始めたのがはじまりとのこと。外国人バー街を中心に、佐世保の街にはたくさんのハンバーガーショップが並んでいるそうです。「佐世保バーガー」は、それぞれのお店でこだわりを持って、オーダーを受けてから調理をする佐世保の手作りハンバーガーの総称。手作りにとことんこだわった“佐世保伝統の味”は、九州を飛び出し、全国各地に広がっています。


●佐世保の観光イベント情報サイト「SIGHTさせぼ」
http://www.sasebo99.com/

会場のイオンモール広島祇園店リバーコートは、ショッピングモールのちょうど入口となっており、通りがかるお客さんも興味津々で味くらべイベントに立ち止まって行きます。開催の合図は今回も門田MCコムギケーターの掛け声を皮切りに、会場にいるみなさん全員による「Enjoy Comugication!」の元気な声が広がっていきました。さあ、味くらべイベントのスタート!ラジオ中継も入って、おおにぎわいです。

『佐世保バーガーのソースがめちゃくちゃおいしかったです。お好み焼きパンもすごくマッチしていてGOODでした』『楽しいランチになりました♪』『ハンバーガーを自分で組み立てるセルフスタイルは、“具材を挟む”という簡単なステップですが、子どもの食育にとってもいいですね』『どちらもおいしかったです。企画自体とてもおもしろくて、他にもドンドンやってほしいです!』

会場も盛り上がってきたところで今回の味くらべイベントではなんと、初の早食い大会が催されました!というのも、佐世保バーガーのスタッフに800gのハンバーガーをなんと48秒で食べ切ってしまう方が応援に駆けつけてくれていたからなんです。広島パン倶楽部のスタッフの他にも会場のお客さんから挑戦者を募集。さあ、戦いの行方はいかに!?

勝者はやはりチャンピオン!1つのバーガーをおよそ12秒ほどでペロリとたいらげてしまうとは、恐れ入ります。早食いのコツは!?との質問に「おいしくいただくことです!」と、すばらしいお答えが返って来ました。挑戦者の方々も「早食いと言うよりは味わって食べたい、とってもおいしいハンバーガーでした(笑)」と楽しそうにインタビューに答えてくれました。全国各地、津々浦々、伝統的なものから創作・新作料理まで、さまざまに七変化する小麦。みなさまもおいしく味わってくださいね♪