全国和麦の現場マップ

地域の小麦と農家を守りたい。
強い思いをもつパン屋のシェフが、
製粉所からつくりあげた、壮大な小麦の物語。

パン好きの方は「湘南小麦」の名前をご存知の方も多いかもしれません。
「湘南小麦」とは、湘南エリアで栽培された
農林61号・ニシノカオリ・ナンブコムギ、3品種の小麦をブレンドし、
低温管理を徹底した石臼製粉工場「ミルパワージャパン」で挽かれた小麦粉です。
かつて神奈川県は、小麦栽培や種の生産が非常に盛んな土地でしたが
安い値段で取引される理由などから小麦生産農家が減っていき、
1990年には250haあった小麦畑も2005年にはわずか30haまで減少しました。
そんななか、神奈川の小麦農家を支え、神奈川の小麦ブランドを確立する
画期的な活動「湘南小麦プロジェクト」が、2007年に発足。
小麦農家・製粉会社・パン屋さん、そしてそのパンを買うお客さんまで。
畑から食卓までがパンを通じて一体となる地産地消のモデルケース、
関東ブランド和麦の先駆け「湘南小麦」の現場をお伝えします。
  • 鳥取「大山こむぎプロジェクト」の現場から
  • 東京「日本全国ご当地パン祭り」の現場から
  • 埼玉「ハナマンテン」の現場から
  • 北海道江別の現場から
  • 神奈川「湘南小麦」の現場から
  • 京都「学校給食パン」の現場から
  • 福岡「かわさきパン博」の現場から