TOP > 北海道|和麦の現場から


国産小麦の一大生産地、北海道の現場から

国産小麦業界を牽引する
堂々№1の和麦の産地、北海道。

小麦は湿度が苦手です。
だから、蒸し暑い夏がある日本の気候は栽培に適さないといわれています。
事実、日本国内で使われている小麦のほとんどは、実は外国産のもので、
小麦の自給率は実に約12%(農林水産省「総合食料自給率」平成25年度)。
そんななか、国内でも比較的乾燥した広い大地が広がる北海道は、
2位以降を引き離して圧倒的なシェアを誇り、国産小麦全体の約7割を生産しています。
そんな一大国産小麦の生産地、北海道の現場に迫ります。
農林水産省「総合食料自給率」平成25年度
  • 鳥取「大山こむぎプロジェクト」の現場から
  • 東京「日本全国ご当地パン祭り」の現場から
  • 埼玉「ハナマンテン」の現場から
  • 北海道江別の現場から
  • 神奈川「湘南小麦」の現場から
  • 京都「学校給食パン」の現場から
  • 福岡「かわさきパン博」の現場から