小麦料理は、やきそば うどん そば ラーメン たこ焼き お好み焼き もんじゃ クッキー パン 食パン フランスパン ピザ パスタ マカロニ ベーグル ナン ホットドック など様々な料理に七変化!!

TOP  >  「関東かてめん再発見!」  >  関東かてめんマップ

〜くらえ!ニッポンの小麦プロジェクト〜関東かてめん再発見!

かてめんとは? かてめんマップTOP

関東かてめんマップ

かてめんマップ 村山かてうどん 村山かてうどん 加須手打うどん 水沢うどん 足利佐野めんめん街道 こうのす川幅うどん 所沢手打ちうどん 吉田のうどん 武蔵野地粉うどん 足利佐野めんめん街道 加須手打うどん こうのす川幅うどん 吉田のうどん 水沢うどん 所沢手打ちうどん 武蔵野地粉うどん 高崎うどん 高崎うどん 柳久保うどん 柳久保うどん 小山うどん 小山うどん
かてめん名称   かてめん名称
   
イメージ写真  

「川幅日本一」にちなんだ川幅うどんは、幅が5cm以上もある「超」幅広。めんを持ち上げる「ドキドキ感」と「モチモチ」の食感が魅力。

イメージ写真  

富士山麓の参詣者や織物市に集まる人々にふるまわれていた吉田のうどん。こしの強い固いめん、それぞれのお店が工夫を凝らした多彩なメニューが特徴です。

   
お店のリストを見る お店のリストを見る
かてめん名称   かてめん名称
   
イメージ写真  

国道293号をメイン街道に、足利市、佐野市、栃木市出流(いずる)町まで及ぶ、粉食文化が盛んで、多彩な麺を味わうことができる地域。中でも耳うどんがユニーク。

イメージ写真  

手打ちならではの光沢があり、みずみずしい「コシの強さ」と、「のど越しの良さ」が身上のめん。渡舟場や門前の参拝客をもてなしたのが始まりとされる。

   
お店のリストを見る お店のリストを見る
かてめん名称   かてめん名称
   
イメージ写真  

いにしえの食文化を伝承しつつ、武蔵野台地で栽培された小麦粉を使用して新たに創作された武蔵野市の名物「武蔵野地粉うどん」。小麦の旨さと歯応えのあるコシの強さが特徴です。

イメージ写真  

「かて(糧)うどん」と呼ばれ、季節の野菜をさっとゆでて水切りしたものを、うどんと一緒につけ汁につけていただく。これが所沢手打うどんの特徴です。

   
お店のリストを見る お店のリストを見る
かてめん名称   かてめん名称
   
イメージ写真  

粉と水と塩だけが原料、秘伝の手打ちの技によるコシと喉越し。水沢寺参拝客に振る舞ったのがそもそもの起源ともいわれる千三百年もの歴史を持つうどん。

イメージ写真  

「かて」とは、小松菜やほうれん草など季節季節の旬のゆでた野菜のこと。「うどん」と一緒に濃い目の醤油味のつけ汁につけていただきます。

   
お店のリストを見る お店のリストを見る
かてめん名称   かてめん名称
   
イメージ写真  

「きぬの波」という小麦の品種を使ってつくられる「高崎うどん」。色が白く、つるつるとした喉ごしの良さが特徴です。麺はやや細めで冷たいうどんに最適です。

イメージ写真  

江戸時代の「幻の小麦」を復活させた東久留米市のうどん。つるつるとしたのど越し、香りがよく上品な味わいです。かて(糧)と一緒にいただきます。

   
お店のリストを見る お店のリストを見る
小山うどん    
   
イメージ写真  

小山市で生産される「イワイノダイチ」という品種の小麦からつくられる、モチモチ、つるつるとした食感、見た目にも美しい透明感が自慢のうどんです。

   

 

   
お店のリストを見る