冷水希三子さんの小麦de七変化クッキング

ペリメニ きのこのフォカッチャの見出し

お口に広がるジューシーな肉汁が魅力♪

水餃子のような、ラビオリのような味わいの小麦料理「ペリメニ」は、季節を問わず食卓にのぼるロシアの国民的料理。地方によっては具材として肉の代わりに、魚肉やキノコ、タマネギ、カブ、ザワークラウトを詰めることもあるそうです。

(4人分)

・強力粉 300g
・水 150cc
・溶き卵 1/2個分
・塩 2g
・合い挽きミンチ 200g
・玉ねぎ 1/2個
・にんにく 1片
・塩 小さじ1/4
・こしょう 少々
・水 30cc
スープ・茹で湯 ・バター15g
・鶏スープ 300cc
・白菜 1枚
・ディル 適量

ペリメニの生地は端を薄めに、
真ん中を厚めにとると
成形しやすいです。
生地は乾くとくっつきづらいので、
手作業に合わせて切りましょう。

皮をつくる。ボウルに強力粉と塩を入れ混ぜ、水と溶き卵をあわせて少しずつ入れてこねる。

ひとまとまりになったら、まな板に取り出しなめらかになるまでこね、丸めてラップをして30分以上置く。

具をつくる。ボウルに合い挽きミンチと塩を入れよくこねる。すりおろした玉ねぎとにんにく、こしょうを加え混ぜる。さらに水を加え混ぜ、まとめて冷蔵庫で30分ほど置く。

②の生地を直径2㎝ほどの棒状に延ばして1㎝幅に切り、餃子の皮のように薄さ2㎜ほどの円形に丸く綿棒でのばす。(くっつくようなら打ち粉をしながら作業をする)





④の皮に③の具を乗せ半分に折り、閉じて端同士をくっつける。







1%ほどの塩を入れた熱湯に風味付けのバター15gを入れ、⑤のペリメリを4~5分茹でて上げる。

鍋に鶏スープを沸かし、細切りにした白菜を入れて柔らかくなったら塩で味を調え、⑥のペリメリを入れる。

器に盛り、ディルをちらす。